'."\n" ?> バイアグラとレビトラ

バイアグラとレビトラ

新しい記事

この記事もどうぞ

参考サイト

利用規約

バイアグラとレビトラ

日本では、1999年にバイアグラが正式に認可登録され、
日本初のED治療薬として病院で取り扱われるようになりました。

ED治療の唯一の選択肢として、長い間処方されてきましたが、
2004年に、第二のED治療薬として、レビトラが認可され、
ED治療薬は、この2つから選べるようになりました。

バイアグラは服用後1時間程で効果が現れますが、
レビトラは15分程で効きだしますので、
レビトラは即効性に優れるというメリットがあります。

また、どちらとも食事の影響を受けやすいため、
最低でも食後1時間後の服用が望ましいのですが、
レビトラの方がまだ影響は弱いようです。

効き目の強さもレビトラの方が上回り、
その分副作用も気を付ける必要があります。

しかし、副作用は薬の成分と人体の相性により増減しますので、
必ずしもレビトラが副作用が強いとは言い切れません。

また、このED治療薬は、どちらも血管を広げる作用がある為、
グレープフルーツなどの同じ作用のある食材と同時に摂取することは極めて危険です。
絶対に避けてください。
血管が広がり過ぎて何かの刺激で血管が破裂する可能性が現れます。

2007年にシアリスという治療薬も認可され、日本ではこの3つが扱われています。
医師との相談の元適切な治療薬を使用しましょう。